【※涙腺崩壊】1匹の犬が死んだ主人の棺桶の横に座った⇒次の瞬間、起きた事に故人の家族は驚愕した・・・

亡くなった飼い主の棺の前に佇む子犬。その行動に葬儀に参列した人全員が驚いた・・・

亡くなった飼い主の棺の前に佇む子犬。その行動に葬儀に参列した人全員が驚いた・・・

亡くなった飼い主の棺の前に佇む子犬。その行動に葬儀に参列した人全員が驚いた・・・


出典:www.imishin.jp

 

亡くなった飼い主を忘れられない子犬

トルコのブルザにある自宅近くの病院で長い闘病生活の末、帰らぬ人となったメフメト・イルハン。79歳でした。

メフメトさんの最後の2年間、最もそばに寄り添っていたのは愛犬・セスールでした。

メフメトさんの容態が悪化して病院に搬送された時、セスールは食事を取らなかったといいます。

メフメトさんが亡くなった後も、彼に対するセスールの愛情と忠誠は薄らぐことがありません。メフメトさんの亡骸が自宅に戻ったとき、すぐに近くに寄って離れることがなかったのです。

葬儀のため棺をモスクへ運ぶ時は、セスールは先導しようとしました。


出典:www.thedodo.com

葬儀では棺から離れず、頭を垂れて悲しげな表情を浮かべていたセスール。


出典:www.thedodo.com

その後は、息子のアリ・イルハンさんがセスールを引き取りました。しかしセスールの心は亡き父メフメト・イルハンさんにあるようです。

アリさんが毎朝仕事に出かけようとドアを開けた瞬間、一目散に外に飛び出してしまうのです。


出典:www.thedodo.com

アリさんが後をつけたところ、セスールが向かった先はメフメトさんが眠る墓でした。


出典:www.thedodo.com

アリさん曰く


「墓地で働く人に話を聞くと、セスールは毎日やってきては父の墓の前に座り込むらしいんだ」

出典:イミシン


出典:www.thedodo.com

未だメフメトさんのことを忘れられないセスール。悲しみからの回復にはまだまだ時間かかかりそうです。


出典:www.thedodo.com

メフメトさんのことを忘れられないのは家族も同じ思いだと語るアリさん。同じ思いを共有するセスールと支え合いたいとのこと。

まさに親友

 

ネットの反応

・頭を垂れる姿はまるで人間じゃないか・・・
・トルコ版忠犬ハチ公?
・お爺さんと子犬は本当の親友だったんだろうなぁ
・忘れられない気持ちはよくわかる

闘病生活の間、メフメトさんとセスールは
本当にかけがいのない関係になっていったのでしょうね

出典:The Dodo, イミシン

引用元

bazzoo.info

※いいね!を押して続きを見る

関連する記事

【驚愕】50年前のオリンピックである男性の勇気ある行為が彼の人生をぐちゃぐちゃに破壊した・・・

1968年のメキシコ五輪の表彰台で黒人選手が人種差別に抗議を示す行動をして大ブーイング! これに同調した白人選手も非難を浴び、人生が大きく狂ってしまうことに・・・

02/02 09:55
479,797 view

ログイン

カテゴリ

SNS

閉じる