【※日本滅亡】ガチで完全終了・・・大量の異常生物が発見される!(※画像大量)

遺伝子組み換えによる奇妙な動物が増えている?!普段食べている食材は大丈夫?(※画像あり)

いま話題の記事

25年間デブで悩んでた私が”あるLINE”をキッカケに2ヶ月で激痩せした話

25年間、見苦しいデブとして生きていた私が、たった2ヶ月で人生を変えました。私は食べることが大好きで、食欲を我慢することがこの世で一番苦手でした。 そのため思春期の頃からデブで「痩せたらカワイイよね」と言わたことはありますが当然痩せることもなく25歳になりました。

01/20 06:52
64,220 view

【※日本滅亡】ガチで完全終了・・・大量の異常生物が発見される!(※画像大量)

遺伝子組み換えによる奇妙な動物が増えている?!普段食べている食材は大丈夫?(※画像あり)


出典:http://bazzoo.info/archives/30721?readmore

 

ガチでヤバい!遺伝子操作による異常生物とは

世界では遺伝子組み換えによる様々な奇天烈な生物が生産されているようです。日本にも既に入り込んでいるものもあります。羽の無い裸のニワトリや足が6本もあるニワトリなど…


出典:commonpost.boo.jp

品種として羽の無いニワトリが、イスラエルの遺伝子学者Avigdor Cahaner博士が生みだして物議を醸しました。目的は食用として利用する際に、羽根を毟るなどの捌く手間を省くためです。経営的に効率アップが図れますから。


出典:userdisk.webry.biglobe.ne.jp

更に足が6本のニワトリも作られています。つまり1羽のニワトリから6本のもも肉が取れる品種なのです。ケン〇ッキーが足が8本のチキンを使っているという噂はある中国企業によるデマです。悪質な風評被害ですね。
出典:karapaia.com

はっきり言って美味しそうに見えません。ここからももに肉が付くんでしょうか?

出典:mizu888.at.webry.info


出典:mizu888.at.webry.info

アメリカのアクアバウンティ・テクノロジー社(以下、アクア社)が開発したサーモンに、天然ものの2倍の速さで成長する品種があります。

アクアアドバンテージ・サーモンと言われるそのサーモンは生後18か月で、天然サーモンの2倍の体長、重さは3倍にも達します。


出典:xn--nyqy26a13k.jp

1年中成長ホルモンを分泌するゲンゲという深海魚の遺伝子を、天然アトランティック・サーモンに組み込むことで成長スピードを倍に出来ました。


出典:xn--nyqy26a13k.jp

その結果、餌代も半分に節約、出荷も早めることが出来たのです。養殖業界にとって大いにメリットがありました。FDA(米食品医薬品局)は15年、この遺伝子組換えサーモンを正式に食品として販売することを許可しました。


出典:xn--nyqy26a13k.jp

人工的に作られた魚という意味で、フランケンフィッシュなどとも呼ばれています。でも、それは食用サーモンなのにいただけないネームですね(*’ω’*)


出典:userdisk.webry.biglobe.ne.jp


出典:userdisk.webry.biglobe.ne.jp

■ツイッターユーザーの反応から

遺伝子組み換え食品は他にもあります。冬も枯れないトマトとは

「アメリカで開発された、寒さに強くて冬でも枯れないトマトです。これは、南極の氷の下でも血が凍らない、オヒョウというカレイ科の遺伝子に目をつけたもの。この魚には血液を凍らせない酵素を作り出す遺伝子があって、それをトマトに組み込むと、寒さに強い新種ができる。本来、夏に実をつけたら秋には枯れてしまうのが、冬にも収穫できるようになるのです。

出典:gendai.ismedia.jp

人口食品は野菜や生物の”素材”だけではなく、調味料や食用油など様々なものに及んでいます。


出典:gendai.ismedia.jp

今の世の中、遺伝子組み換えはアメリカだけではなく、日本の加工食品にもあるのです。ただ表示義務が無いので分からないだけです。

頭から危険視する必要はないのでしょうが(ていうか100%避けることは不可能)、自分らの身体で人体実験しているのかと思うと落ち着かない気持ちにさせられます。


出典:userdisk.webry.biglobe.ne.jp

食品は生きるうえでこの上なく大切です。そして扱いを誤ると時には恐ろしい兵器にもなるのです。

 

ネットの反応

・中国の食糧テロの方が怖い…
・サーモンは刺身やフライで出されたら全く分からないし、外食全く避けるのは難しい
・ケンタのチキンはガセだったのね..良かった
・ヌードチキンだけ食いたくない

トランプ大統領の誕生で一旦TPPが白紙になったことは、輸入食料の面で言えば安心な面もあると言えるのでしょうか。やはり安全という科学的根拠が欲しいですよね。

出典:gendai.ismedia.jp
出典:mizu888.at.webry.info
出典:xn--nyqy26a13k.jp

引用元

bazzoo.info

関連する記事

【驚愕】50年前のオリンピックである男性の勇気ある行為が彼の人生をぐちゃぐちゃに破壊した・・・

1968年のメキシコ五輪の表彰台で黒人選手が人種差別に抗議を示す行動をして大ブーイング! これに同調した白人選手も非難を浴び、人生が大きく狂ってしまうことに・・・

02/02 09:55
479,797 view

ログイン

カテゴリ

SNS

閉じる