【※涙腺崩壊】母が毎日不味そうな見栄えの弁当を作っていた⇒俺は毎日捨ててた。母が亡くなり驚愕の事実を知り大号泣

母親の不味そうな見栄えの悪い弁当を毎日捨てていた男性が驚愕の事実を知り大号泣したこととは・・・

いま話題の記事

【※涙腺崩壊】母が毎日不味そうな見栄えの弁当を作っていた⇒俺は毎日捨ててた。母が亡くなり驚愕の事実を知り大号泣

母親の不味そうな見栄えの悪い弁当を毎日捨てていた男性が驚愕の事実を知り大号泣したこととは・・・

出典:kokorodo

 

不味そうな見栄えの悪いお弁当が嫌だった

俺の母親は昔から体が弱い人でした。

そんな母が作るお弁当は不味そうな見栄えの悪い物ばかりでした。

友達に見られたくなくて、お弁当はゴミ箱へ捨てて、毎日食堂へ行っていました。

ある朝、母が嬉しそうに、「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と俺に言ってきました。

俺はろくに返事もせずそのまま学校へ行き、こっそり中を確認しました。

すると殻むきもめちゃくちゃで、彩りも悪い海老が入っていました。


出典:google

家に帰ると「今日の弁当美味しかった?」と、母は俺にしつこく聞いてきました。

いつもの母の弁当に対する鬱憤とイライラから、俺はその時、

「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」

とついきつく言ってしまいました。

母は悲しそうな顔で「気付かなくてごめんね」と言って、それからは、お弁当を作らなくなりました。

俺は母の病気を患っていたことを知らなかった

それから半年後、母は亡くなりました。

俺は、母の病気のことを知りませんでした。

母の遺品を整理していたら、弁当のことばかり書かれた日記が出てきました。


出典:curazy

「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」

日記は俺が暴言を吐いたあの日で終わっていました。

後悔しても後悔しきれず涙があふれました。

お母さんは一生懸命だったのですね。

 

ネットの反応

・亡くなってしまったら何もできないな
・せめて亡くなる前に何か声をかけられていたら・・・
・あまりにもあっけなくて悲しい
・当たり前のように弁当作って貰ってるけど、感謝しないとな。

親孝行したくてももういないというのは
ありがちですが、この方は早すぎたようですね。

出典:kokorodo

引用元

bazzoo.info

関連する記事

【驚愕】50年前のオリンピックである男性の勇気ある行為が彼の人生をぐちゃぐちゃに破壊した・・・

1968年のメキシコ五輪の表彰台で黒人選手が人種差別に抗議を示す行動をして大ブーイング! これに同調した白人選手も非難を浴び、人生が大きく狂ってしまうことに・・・

02/02 09:55
479,797 view

ログイン

カテゴリ

SNS

閉じる