【愕然】次男を亡くしたオダギリジョーと香椎由宇。悲しみの1週間の全貌に大号泣!!

オダギリジョーと香椎由宇が過ごした悲しみの1週間。残酷過ぎる運命に涙を流さずには居られません。

いま話題の記事

25年間デブで悩んでた私が”あるLINE”をキッカケに2ヶ月で激痩せした話

25年間、見苦しいデブとして生きていた私が、たった2ヶ月で人生を変えました。私は食べることが大好きで、食欲を我慢することがこの世で一番苦手でした。 そのため思春期の頃からデブで「痩せたらカワイイよね」と言わたことはありますが当然痩せることもなく25歳になりました。

10/14 10:50
64,220 view

【愕然】次男を亡くしたオダギリジョーと香椎由宇。悲しみの1週間の全貌に大号泣!!

オダギリジョーと香椎由宇が過ごした悲しみの1週間。残酷過ぎる運命に涙を流さずには居られません。


出典:http://static.bazzoo.info/wp-content/uploads/2015/12/1211_2.png

 

次男を亡くしたオダギリジョーと香椎由宇。悲しみの1週間の全貌に大号泣

2015年の4月20日、俳優のオダギリジョーさんと女優の香椎由宇さんご夫妻の次男であるAくん(仮名)が絞扼性(こうやくせい)イレウスで亡くなりました。

わずか1歳と9日という、余りにも早い別れでした。

個性派俳優として知られるオダギリさんは、俳優仲間からはとても内向的な人という評判です。

皆が楽しくお喋りをしていても、1人だけ静かに本を読んでいるのだとか。

個性的で内向的な小田切さんの人格形成には、母子家庭で育ったという環境が影響しているのではないかと考えられます。

そして、自身が幼少の頃によく映画館に預けられて孤独な時間を過ごした事から、自分の子供には同じ思いをさせないという子供思いな一面が生まれたであろう事は想像に難くありません。

映画『パビリオン山椒魚』で共演したのを切っ掛けに知り合った女優の香椎由宇さんと結婚し、2011年に第一子が、2014年に第二子となるAくんが誕生しました。

家庭を持ったオダギリさんが子供に注ぐ愛情はとても大きなものであったに違いありません。

しかし、運命は残酷です。

次男のAくんが誕生日を迎えた翌日のことでした。


「その日、Aちゃんは朝から苦しそうで、便の様子もおかしかったので、香椎さんが病院に連れて行ったところ、絞扼性イレウスと診断されたんです。すぐに入院して、14日に緊急手術が行われました」(香椎の知人)

出典:NEWSポストセブン

絞扼性イレウスとは腸閉塞の一種です。

治療のために手術を行いましたが、オダギリさんと香椎さんの願いは届かず、20日の午前6時頃Aくんは帰らぬ人となりました。

「お子さんの亡骸を前にして、香椎さんもオダギリさんも憔悴しきっていて…。あまりにやつれきったふたりの姿に、親族も声をかけることさえできずにいました…」(オダギリの知人)

出典:NEWSポストセブン

Aくんの遺体は亡くなった翌日に自宅に運ばれたそうです。

それからはオダギリさんも香椎さんもAくんの側を離れなかったと言います。

「24時間ずっとAちゃんの側から離れませんでした。最後の親子の時間を、噛みしめるように過ごしていました」(前出・オダギリの知人)

出典:NEWSポストセブン

通夜は22日に行われ、Aくんの死が公表されたのはそれから二日後の24日でした。

私たちはこの突然の訃報に驚きましたが、オダギリさんと香椎さんは悲しみの一週間を過ごしていたのです。

抜け殻のようになった2人に親族すら声を掛けられなかったと言います。

2人はもうAくんの死を乗り越えられないのではないか。

そんな心配までされましたが、オダギリさんは俳優業を再開し、今年の8月には2人の間に3人目のお子さんが生まれました。

もう立ち直れないのでは…という所まで落ち込んだ2人。

これからはAくんとの思い出を胸に、家族みんなで幸せな日々を送って頂きたいと願わずには居れません。

 

Aくんの事を深く愛していたのですね…。悲し過ぎます…。

 

ネットの反応

・運命はなんて残酷なんだろう
・立ち直ろうとするのは立派だよ 完全に立ち直ることなんか一生無いとしても
・オダギリジョーって母子家庭だったんだな・・・
・子ども好きだったんだろうなぁ 悲しすぎる

お二人の落ち込む様子から、愛の深さと悲しみの深さが伝わって参ります。
Aくんのご冥福を心からお祈り致します。

出典:Wikipedia
出典:LAUGHY
出典:NEWSポストセブン

引用元

bazzoo.info

関連する記事

ログイン

カテゴリ

SNS

閉じる