【涙腺崩壊】父親がクリスマスの日に突然「死亡」⇒娘がこんなことを言ったからだった・・・

クリスマスは「家へ帰ろう」 そんな家族の思いが2分足らずのショートストーリーに凝縮されたCMが号泣物と評判です。父親が子供たちについた嘘…でも、それは切ない親の心情からでたものでした…

いま話題の記事

25年間デブで悩んでた私が”あるLINE”をキッカケに2ヶ月で激痩せした話

25年間、見苦しいデブとして生きていた私が、たった2ヶ月で人生を変えました。私は食べることが大好きで、食欲を我慢することがこの世で一番苦手でした。 そのため思春期の頃からデブで「痩せたらカワイイよね」と言わたことはありますが当然痩せることもなく25歳になりました。

01/16 08:36
64,220 view

【涙腺崩壊】父親がクリスマスの日に突然「死亡」⇒娘がこんなことを言ったからだった・・・

クリスマスは「家へ帰ろう」 そんな家族の思いが2分足らずのショートストーリーに凝縮されたCMが号泣物と評判です。父親が子供たちについた嘘…でも、それは切ない親の心情からでたものでした…


出典:http://www.imishin.jp/its-not-too-late/?ref=fb

 

「クリスマスくらいは子供たちに会いたい」父の切ない願いから出た嘘とは

今年もあと一か月らず、12月に入ればクリスマスシーズン到来となります。クリスマスとなれば何かウキウキ心が弾んでくるものですが(私だけ?)、海外ではクリスマスシーズンに向けて毎年話題のCMが制作されています。


出典:retrip.jp

そんな中でドイツの大型スーパーマーケットチェーンのEDEKAが制作するクリスマス向けのCMが”素晴らしい!” ”泣ける!”と評判なのです。CMのテーマは「家へ帰ろう」です。


出典:viva-wmaga.eek.jp

■あらすじ
広い家のリビングのテーブルに一人ぽつんと寂しそうに座っているおじいちゃん。娘や息子たちはすでに独立し、遠い場所で暮らしている。

ある日、娘から今年のクリスマスには帰れそうにないという留守電があり、何とも寂しそうに窓辺に佇むおじいちゃん。

場面は変わり海外で活躍している息子たちが映し出される。それぞれの子供たちにスマホや手紙で突然「父親が死んだ」という悲しい知らせが届く。

息子たちは信じられないという表情をし、娘は泣き出してしまいます。

悲嘆にくれた子供たちが実家に着くと、何故かリビングには燭台に蝋燭がセットされ、料理が並ぶというクリスマスの支度がされていた。怪訝な表情の子供たちの前におじいちゃんが現われ・・・

■動画がこちら


出典:www.youtube.com

※日本語字幕版はこちら

2分弱のCMの中に、見事に家族愛がドラマチックに描かれています。最後のメッセージ「そろそろ、お家へ帰ろう」が良いですね。

実家を離れて暮らしている方には、これは心に沁みる言葉ではないでしょうか?大切なものは失ったときに気付くと言われるだけに・・・

※EDEKAには他にこんな面白いCMもあります。「去年のクリスマスシーズン用:フラッシュモブ」

出典:www.youtube.com

映画の予告編のような作りに余計に引き込まれてしまいます。EDEKAのCMシリーズは注目したいかも♪

 

ネットの反応

・BGMの歌が良いから余計泣けてくる(´;ω;`)ウッ…
・おじいちゃんの表情が余計にいじらしく見える
・奥さんは先立たれたということか、こんな年寄りを一人にしておくなんて、子供たちは薄情だな
・これを見て家族の大切さを改めて思った メリークリスマス!

おじいちゃん、一人暮らしが長いせいか料理は手慣れたものですね( ´∀` )長いドラマと引けを取らないCMのメッセージ力というものに気付かされる作品です。

出典:koresoreare.seesaa.net
出典:www.imishin.jp

引用元

bazzoo.info

関連する記事

【驚愕】50年前のオリンピックである男性の勇気ある行為が彼の人生をぐちゃぐちゃに破壊した・・・

1968年のメキシコ五輪の表彰台で黒人選手が人種差別に抗議を示す行動をして大ブーイング! これに同調した白人選手も非難を浴び、人生が大きく狂ってしまうことに・・・

02/02 09:55
479,797 view

ログイン

カテゴリ

SNS

閉じる